全国のコンビニから飲食店まで、多くの加盟店がある前払い式電子マネー「Edy」。支払いの手間が省けるし本当に便利だが、「割引」制度がないところが残念といったところ。

1万円チャージしたからといって、1万1000円分が使えたりするわけではないから、それなら、わざわざEdyを使わなくてもいいのではと考えてしまう人もいるだろう。

そんなEdyの弱点を解消してくれるのが、Edy搭載のクレジットカードだ。例えば、エポスカードはEdy搭載でポイントが満額付与される上にもちろん高還元率、ANAカードにいたっては、マイルも貯めやすくなり、Edyをお得に使えるクレジットカードとしてオススメしたい。

cardhikaku02.jpg

ANAカードは、Edyにチャージを行うと200円につき1マイルが貯まり、Edyを利用しても200円で1マイルが貯まる。つまり、チャージしても使ってもお得というわけだ。

これなら利用の幅が本当に広がるわけだし、もちろん、ANAのクレジットカードなので、飛行機に乗る機会が多ければ、どんどん「ボーナスマイル」もゲットすることができる。

飛行機によく乗って、しかも、コンビニもよく使うなんて人には、本当に利用価値の高いクレジットカードとなるに違いない。また、「NEXCO中日本」のクレジットカードも、Edyの利用で、ショッピングポイントが貯まるのでEdyの使い道がさらに広がるだろう。

200円で1ポイント、Edyを使うごとにたまっていくということは、毎月コンビニで1万円使う人はこのカードを使って買い物するだけで500円お得になる計算。逆に貯まったショッピングポイントは、Edyのポイントに変えることもできるので、かなりお得感が強いはずだ。

高速道路でETCカードとして利用しても便利なカードなので、中日本地域のドライバーの方には特におすすめしたい。Edyはローソン、セブンイレブン、サークルK、サンクスなど多くのコンビニで使える単体でも利便性の高いカードだ。

クレジットカードに加え、各コンビニの提携サービスにもEdyを使ってポイントを貯めることができるので、よく使うコンビニがあれば、このサービスも登録しておくといいだろう。
メインカードとサブカードのクレジットカード2枚持ちは、果たしてお得なのか??
それとも、複数のクレジットカードをまとめるほうがお得なのか??

できることなら、メインカードも貯めるポイントも1つにまとめたいもの。その候補となるカードといえばあらゆる利用シーンで得ができる欠点のない1枚・・・

cardhikaku01.jpg


たとえば、ポイント還元率が高いカードはもちろんのこと、複数の電子マネーチャージでカード払いと同じ、もしくは、それ以上のポイントがたまる。

その上、海外旅行損害保険が自動で付帯している。これこそ、究極の最強カードだ!ただ、そうなると、カードは1枚でいいのか!?サブカードは必要ないのか!?となるとどうだろう。

とにかくポイントを多く獲得する利用なら確かに究極の最強カードで十分かもしれない。しかし、マイル獲得を始め、ポイント還元率以外の無料特典にもこだわるなら、話しは少し違ってくる。

特定分野となると、1枚よりも2枚カードをもったほうが、利便性が高まる組み合わせもあるからだ。ただ、年会費の有料化が進められ、ポイント還元率の低下を考えれば、複数のカードを使い分けるのは、難しいのが現状。

自分にとって、全てを兼ね備える最強のカードを見つけることができれば、もはやメインカード+サブカードのような2枚もちは不要なのかもしれない。

メインカードになり得る高還元率のクレジットカード。そこで、一般の高還元率カードの代表ともいえる楽天カードとヤフーカードを少し比較してみた。

楽天とヤフーが発行する、楽天カード、ヤフーカードは共に、一般加盟店での還元率がともに1%と高めとなっている。

cardhikaku.jpg


ポイントのためやすさでは、毎週金曜日にカード会員のポイント付与率が3倍になるなど、ポイントアップするカード特典がいろいろある分、楽天カードが上。

ただ、ヤフーカードは定期的に行われるカード会員無権のポイントアップサービスはないが、使い勝手となるとこちらかもしれない。

それは、yahoo!japanカードsuicaなら、貯まったポイントを等価でsuicaに交換できるという、お得な利点があるからだ。

さらに、保険面からみても、ヤフーカードが少し上のようだ。yahoo!カードを利用して購入した商品の盗難や破損などを保証するショッピング補償は、日々の買い物でもかなり役立つはず。

楽天カードにもあんしん制度なる保険はあるものの楽天市場内で購入した商品にだけの対応ということもあって、その辺がマイナス要因になる。